前へ
次へ

不動産登記の書類が揃ってないと売買ができない

例えば遺産相続などでご両親の土地や建物を相続したと致します。
そのような場合にはできるだけ早急に地域を管轄する法務局の出先機関である登記所へお出かけしなければなりません。
遺産相続をする場合に絶対必要なのが、土地や建物の名義変更なのです。
子供たちが遺産相続をするとして、相続人は署名捺印の上、不動産登記を完結しておかなければなりません。
そうしなければあとはあとで大変な事態となります。
今日本には多くの空き家が存在します。
延べ数で800万軒に至るような膨大な数です。
空き家といえどもそれは法律的に誰かが遺産相続をしているはずです。
それらの人たちに対しては、年末に固定資産税の支払い義務が発生します。
年末に固定資産税を支払うのが嫌だとすれば、私たちが取れる手段は限られます。
速やかに土地や建物を売却する以外に道ありません。
不動産を売買する場合に絶対必要なのが不動産登記の書類です。
不動産登記の書類が揃っていないと売買は自由にできないような仕組みとなっています。

Page Top