前へ
次へ

不動産の売買に必要な手続き

不動産の売買では大きな金額が動くので、特別な手続きも必要になります。
不動産には登記というものがあるので、売買契約が成立したら進めていきましょう。
登記というのは、所有権を証明するためのものです。
売主が所有権を持っていたものが買主に移るので、これを書き換えなければなりません。
たいていはローンで買うことになりますが、この場合には銀行などの金融機関が抵当権を設定してローンの融資がされます。
そのため、登記を行なって所有権を買主に移さなければ手続きが進みません。
ただ、こう言った場合には買った方の人が金融機関を通じて司法書士に依頼するパターンが多いようです。
逆に、まだ住宅ローンが残っている物件を売る場合には、ローンを完済した上で抵当権を消す手続きを行います。
多くの場合は売買で得た代金でローンの残りを払い、その流れで手続きを行うことが多いようです。
まずは売主と買主で話し合い、段取りとお金の流れを決めることが大切です。

Page Top