前へ
次へ

不動産売買をする場合には登記の書類が必要です

遺産相続における不動産登記はとても重要な役割を担っています。
もしもそれをほったらかしにしておくと、後で手痛いしっぺ返しをもらうということになってしまいます。
そもそも遺産相続における不動産登記がこのように厳重に管理されているのには理由があります。
それはとりもなおさず税金対策ということになります。
国税が固定資産税を集めるのに絶対に必要なのが土地や建物の所有者を明確にしておくということです。
土地や建物の所有者が明確にされていなければ、たとえ国税といえども請求書を誰に送ったらよいかわからなくなってしまいます。
このような理由で国税が主導となって、土地や建物の登記を推進しているのです。
ですからそれに背いた場合には、それなりの罰則が待ち構えています。
それを避けるためにはできるだけ早急に地域を管轄する法務局の登記所にお出かけして行き、土地や建物などの登記を完結しておくのが賢い方法です。
そうすることによって、不必要な土地や建物を早急に売買することができます。
日本では土地や建物を売買するためには、登記の書類が絶対に必要だということです。

Page Top