前へ
次へ

不動産売買取引に関する注意点とは

できるだけ高く物件を売りたかったり、即座に現金が欲しかったりする人は、不動産売買のための査定をすることをおすすめします。
対象となる物件を、直近の市場動向などを参考にして価格を算出する査定は、基本的には不動産会社のスタッフが行ってくれます。
とりあえず価格だけを知りたいのであれば、電話やメールで相談してみると良いです。
会社によっては電話やメールのみで、おおよその価格を算出することが可能です。
ところで売買に関して、査定で出た価格で必ず販売しなければならないのかと心配する声も聞かれます。
しかし、必ずしも査定価格で販売活動を行う必要はありません。
納得のいく価格でなければ、販売を断っても構いません。
しかし査定価格と実際の売り出し価格の差が大きいと、成約までの期間が長期化してしまうリスクがあることは知っておくと良いです。
もちろん不動産会社と交渉する必要はありますが、もし即座に現金欲しければ、ある程度の妥協が必要になります。

Page Top